NEWS

Art Photo Tokyo edition zero開催のお知らせ

2016 11 11

Art Photo Tokyo edition zero TCK presents 「Contact Prints」写真家がイメージを具現化する際に、なくてはならない場所がある。プロラボと呼ばれるその場所には、美術や商業という垣根なく、純粋に最高の写真だけを追い求める写真家たちが集う。プロラボには、彼らのイメージを最大限に引き出す ために、もうひとりの表現者として技術と感性を磨く技術者が存在する。
TCKが企画した“Contact Prints”には、プロラボの空気感そのままに世代やジャンルを超えた写真家たちの作品が集っている。 通常、撮影した写真のセレクトやテストプリントとして使われるコンタクトプリント(密着印画技法)は、フィルムの持つ情報を最も鮮明で忠実なポジ像として表現する手段。その様式美をもとに、31人の写真家が独自に表現した企画展を行います。操上和美・鋤田正義・藤塚光政・藤井 保・広川泰士・大森克己・泊 昭雄・平間 至・戎 康友・吉永マサユキ・新津保建秀・瀧本幹也・井賀 孝・在本彌生・WATARU・瀬尾浩司・横浪 修・TAKAY・野口里佳・笹口悦民・赤尾昌則・荒井俊哉・塩田正幸・守本勝英・木寺紀雄・水谷太郎・津田 直・市橋織江・濱田祐史・小浪次郎・草野庸子 茅場町共同ビルディングにて11月18日(金)〜11月20日(日)

金沢ブランド大解剖展 加賀毛針 掲出されました

2016 09 23

加賀藩士たちの足腰を鍛えるためにはじまったとされる鮎釣り。釣針に通常ついている「返し」がなく、釣り上げるのが難しい為、魚との真剣勝負になる釣りとされております。そのような一瞬を武士の一騎打ちのような様相での撮影となりました。
It is said that ayu fishing began as a way to strengthen the legs of warriors in the Kaga Domain. The hooks used in this style of fishing lack the standard barb, increasing the difficulty of pulling the fish in and turning the act into a true test of mettle. This shoot captured those instants that most resembled a warrior in the thick of battle.

オリンピックムービーgorin.jpが放映開始

2016 08 16

リオオリンピック開催に合わせて放映されました。スポーツにおける人類進化の歴史を出場する事も目指す事も、応援する事も様々な関わり方があるオリンピック。「わたしたちは、オリンピックを発明した」というスローガンと共に、今までの様々な場面が入れ替わりながら、前に進んでいく内容になっております。
This was filmed during the Rio Olympic Games. There are various ways to engage with the Olympics, whether it's as a place for showcasing human genesis through sports, a goal to be aspired to, or simply something to support as a fan. This piece touts the slogan of "We invented the Olympics" as it presents a sense of progress interspersed with various scenes from the past to the present.

住友生命 dear my family 2016 新CMが放映開始

2016 07 30

大切な家族を失った時、残された家族を支えるには何が必要になってくるのか。日々の生活に終わりはなく、続いていく毎日をつつがなく過ごしている日常をえがきました。ふたり息子の兄が手伝う米穀店が舞台の家族の1日です。交わされる会話にも日々の生活が垣間みられる内容となっております。マルチカメラで撮影されリアルな日常を描く工夫をしています。
What is needed to support the bereaved when they lose a beloved family member ? Daily life must go on, so this is a depiction of the passage of those days that carry on even after a loss. In this particular commercial we take a look at a day in the life of a family as an older brother helps out at the rice store. The conversations give a glimpse into the day-to-day of a family undergoing these circumstances. Multiple cameras were used to create as realistic a depiction of daily life as possible.

HOT PEPPERグルメ 新CMが放映開始

2016 07 20

マツコさん演じる小料理屋(開店前の予約篇)とタイ料理店のおかみ(混雑中の予約篇)、予約の電話が入る時間はいつになるか予想がつかず、開店準備におわれている時や混雑しているお店を切り盛りしているどちらも忙しい時間帯に予約の電話対応におわれる日々。タイ料理店のマツコさんはタイ語でのやり取りもあり、タイ語でもマツコ節が利いております。またタイ料理店では特殊なレンズを使用し独特な世界観を表現しています。
There's no telling when people will call in to book a table. In these two commercials. Matsuko plays the proprietress of a small diner ( reservations before opening version ) and a Thai restaurant ( reservations during peak business hours version ) who spends her days stuck taking calls during those crucial busy hours before opening for the day and when serving a full house. In the Thai restaurant version Matsuko speaks Thai while still maintaining her brand of humor. The Thai version also uses a special lense to depict a unique worldview.