NEWS

写真集 5大陸「Trails Into the Unknown」

2020 07 09

“TOYOTA 5大陸走破プロジェクト”が生んだ、地球という星のドキュメントフォトブック「5大陸 Trails Into the Unknown」が制作プロダクション spoon.さんのご厚意で刊行することができました。地球は星だったんだとあらためて感じる日々を、クルマたちが走る。抗いながら、傷つきながら、壊れながら、それでも進む。胸が熱くなるのはその姿が自分に重なるからだろうか。瀧本幹也と彼に師事した写真家 樋口兼一、杉田知洋江、片村文人、佐藤新也たちが記録した道とクルマ。未製本、ボックスというこだわりが、一枚一枚を手に取れる物語にする。未来のTOYOTAの体幹をつくる。そのためにクルマと向き合い、道を感じる純粋な時間を。TOYOTA5大陸走破プロジェクトは全世界のTOYOTAグループ社員からチームを編成してはじまった。2014年オーストラリア大陸、2015年北米、2016年南米、2017年欧州、2018年アフリカ、そして2019年にはアジア大陸へ。本書は、そのプロジェクトの立ち上がりから参加し、人とクルマの旅に同行していた、写真家 瀧本幹也をはじめとしたクリエイターチームが撮り溜めたドキュメントを、あらたなコンセプトで一冊のフォトブックとしてまとめたものである。パタゴニアの吹きすさぶ風、アラスカの凍てつく寒さ、アフリカの夕日と象の群れーー圧倒的な自然を前にした時、人も、人が作り出した文明の利器でさえも、自然の一部と化してしまう。地球もひとつの星だった。写真一枚一枚を手にとることでその感覚が共有されるはず。 無茶苦茶な経験だった。地球にへばりつくような旅だった。風の匂いが忘れられない。冷たくてカチカチのベーグルが忘れられない。氷河の割れる甲高い音が忘れられない。人生に意味があるとしたらこういう風景のなかに自分の心を立たせることかもしれない。カメラマンたちは、みんな美しかった。僕には風景の一部だった。ー 高崎卓馬(クリエイティブ・ディレクター) オーストラリアの真ん中の砂漠で蠅と格闘し、野宿した。星が凄かった。アラスカで初めてオーロラを見た。想像より薄かった。アフリカのサファリから持ち帰った石は、今も大切にデスクに飾ってある。今はそのようなロケは残念ながらできなくなってしまった。この写真集は、瀧本さんをはじめとしたフォトグラファー達の世界各地での挑戦と美の探究、冒険の記憶が詰まっている。数年前だからできたあの過酷なロケは、時間が過ぎるととても愛しく、またいつか行ける日が来ることを切に願います。このような壮大なプロジェクトに関わらせていただいたことに心から感謝しています。ー 佐野研二郎(アート・ディレクター) 大陸を旅して、たくさんの道を、景色を、人を、見てきた。今、この写真のかたまりを眺めると、それは地球を見ていたのだと気づく。地球という惑星を移動する探査カプセルのように、車が見えてくるから不思議だ。ー 瀧本幹也(写真家) また、同時に瀧本幹也オリジナルプリント付きのチャリティー版を50部限定で発売。売上の一部は新型コロナウイルス感染症の最前線で働く医療従事者の方々への支援として寄付されます。プリント裏面に記されたタイトルの横にはGPS座標が入っており、セレクトした世界の道をGoogle Earthで訪れることも。通常版_写真集「5大陸 Trails Into the Unknown」青幻舎より発行 価格 15,000円+税 チャリティー版_写真集「5大陸 Trails Into the Unknown」青幻舎より発行 限定50部 本体+オリジナルプリント1枚 全5種より 各エディション10点ずつ 価格 25,000円+税 (本体¥15,000+寄付分¥10,000) ※寄付分1万円にプラスして本体売上の一部が寄付されます。
Spawned by the Toyota 5 Continents Drive Project, "5 Continents Trails Into the Unknown,” a documentary photo book of the planet we call Earth, has now been published courtesy of production company Spoon Inc. The cars roll on every day and I’m reminded that the earth is a planet. Resistance, damage, breakdown, but still moving on. Is it because these scenes overlap with ourselves that they stir emotions? The book features the roads and cars recorded by Mikiya Takimoto and some photographers who have studied under him: Kenichi Higuchi, Chiyoe Sugita, Fumihito Katamura, and Shinya Sato. Finessing publication in unbound, box form allows each photo to tell its story one by one as you hold them in your hands. To create the shape of the future Toyota. To that end, the photographers face their cars, time stripped bare, just themselves and the road. The Toyota 5 Continents Drive Project started with Toyota Group employees from across the globe forming teams. It went to the Australian continent in 2014, North America in 2015, South America in 2016, Europe in 2017, Africa in 2018, and the Asian continent in 2019. Taking a fresh conceptual angle, this single-volume photo book compiles what was documented by the team of creators, primarily Mikiya Takimoto, who joined the project from the start and also went on the journeys of cars and people. The raging winds of Patagonia, the freezing cold of Alaska, a herd of elephants at sunset in Africa: individual moments in time, in front of awe-inspiring nature, when people, and even the tools of civilization created by people, are subsumed into nature. The earth is a planet. That feeling should come across as you hold each photograph, one by one, in your hands. It was crazy. On those journeys I felt as though I was hugging the earth. I’ll never forget the smell of the wind. I’ll never forget the cold bagel, frozen stiff. I’ll never forget the high-pitched sound of a glacier cracking. If life has meaning, it might be to put your heart and soul in this kind of landscape. The photographers were all beautiful. To me, they were part of the landscape. Takuma Takasaki (Creative Director) We camped in the desert in the middle of Australia, struggling with the flies. The stars were amazing. We saw the aurora for the first time in Alaska. It was thinner than I had imagined. The treasured stones I brought back from safari in Africa still adorn my desk. Unfortunately, location shoots like that are impossible now. This photo book is filled with Mikiya Takimoto’s and the other photographers’ memories of the challenges, explorations of beauty, and adventures in places around the world. With the passing of time, those tough location shoots, which we could accomplish because it was a number of years ago, have become dear to me, and I eagerly look forward to the day I can go back. I am truly grateful for being involved in such a magnificent project. Kenjiro Sano (Art Director) Traveling the continents, I’ve seen many roads, sceneries, and people. Now, when I look at this pack of photos, I realize that I was looking at the earth at the time. It's strangely wondrous how the cars start to appear more like exploration capsules moving around this planet called Earth. Mikiya Takimoto (Photographer) A limited edition of 50 copies with original prints by Mikiya Takimoto is being released for charity simultaneously. Part of the proceeds will be donated to support healthcare professionals working at the frontline of the Covid-19 spread. Next to the title on the back of the print are GPS coordinates that take you to the selected road in another part of the world on Google Earth. Regular Edition_Photography Collection "5 Continents Trails Into the Unknown" published by Seigensha Price: 15,000 yen + Tax Charity Edition_Photography Collection "5 Continents Trails Into the Unknown" published by Seigensha Limited Edition (50 copies) Box + One Original Print (one of five different prints, 10 of each available) Price: 25,000 yen + Tax (Box: 15,000 yen + donation of 10,000 yen). Note: A portion of the proceeds from box sales will be donated, in addition to the 10,000-yen donation.

ほぼ日刊イトイ新聞 取材内容が掲載されました。

2020 05 22

「いま、考えていること。」半年前には想像もしていなかった世界に翻弄されている今の状況。外出自粛期間中、何を考え、どんな想いを抱いたのかお話ししました。
"Ima, kangaete-iru koto” (“What I'm thinking about now.”) The situation today that’s messing with the world, something I would never have imagined six months ago. I talked about what I thought about, what sorts of feelings and wishes I had during self-isolation.

新聞広告 NIKKEI UNSTEREOTYPE ACTIONを撮影しました。

2020 05 18

『日本にはまだ女性という可能性がある』夜明けの街に真っ直ぐ伸びる白線が向かう光。可能性に向かっていく形は様々であるが、立ち向かっていく心は前を向き上を見上げ目指す先を真っ直ぐに見据えている。「ステレオタイプを壊せ。NIKKEI UNSTEREOTYPE ACTION」
"Japan has more potential: the potential of women." The light at the end of a white line stretching out straight along a city street at dawn. There are all sorts of ways of progressing toward potential, but with my heart and mind facing up to it, I have my gaze fixed straight ahead toward the destination I aspire to, facing forward, looking up. "Break the Stereotype. Nikkei Unstereotype Action”

SUNTORY「話そう。」

2020 05 15

医療従事者をはじめ、社会に不可欠な仕事に取り組まれているすべての皆様に、心よりの感謝をお伝えすると共にご無事をお祈り申し上げます。サントリー「話そう。」のステートメントCMと写真の撮影を担当しました。今は人と電話やオンラインで話すことで心が少し軽くなります。自宅に機材を配送し、花を摘むことから撮影までの作業を一人で行いました。『人と気軽に会えなくなって。話もできなくなって。大切なことだけど、そんな毎日はけっこうしんどかったりする。誰かと話すことですごく救われてたんだ、って気づく。だから、話そう。会えなくても。それでも。電話でもいい。オンラインでもいい。家族と、友達と、疎遠になってたあの人と、話してみたかったあの人と。笑って、愚痴って、分かちあって、感情が外に出れば、心は少し軽くなる。大丈夫。つながってる。話そう。 SUNTORY』

GREEN LABEL 新CMが放映開始

2020 03 30

GREEN JUKEBOX 旅篇/風篇/NEW GREEN篇 多部未華子さんとあいみょんを気持ちのいい風の通り抜ける草原や走る列車を舞台に撮影しました。JUKEBOXシリーズの最新作ご覧ください。
GREEN JUKEBOX Journey Edition/Wind Edition/NEW GREEN Edition - I filmed Mikako Tabe and Aimyon with settings on grassland in a refreshing breeze and on a moving train. Please take a look at the latest work in the JUKEBOX series.